天気

ダブル台風2019|20号と21号が合体するとどうなる?いつ上陸?

2019年10月20日の時点で、台風が2つ発生しております!

どちらも進路は日本に向いているようにみえます。

今年は台風15号からはじまり19号と死者も出るほどの記録的な被害をもたらしています!

次は20号と21号…

ダブル台風と呼ばれ話題となっております…

この台風たち!同じ方向を向いているように感じますが

合体する可能性はあるのでしょうか?もし合体してしまったら、どのぐらいの勢力になるのか調査していきたいと思います!

それではさっそくダブル台風2019|20号と21号が合体するとどうなる?いつ上陸?というテーマでご紹介していきたいと思います!

ダブル台風2019|20号と21号が合体するとどうなる?

台風20号:ノグリー

ノグリー:韓国の言葉で「たぬき」の意味

引用:ウェザーニュース

台風21号:ブアローイ

ブアローイ:タイの言葉で「お菓子」の名前

引用:ウェザーニュース

愉快な名前の台風20号と21号ですが威力は名前とは真逆です…

21号に関してはは非常に強いということですので、今から構えていらっしゃる方もたくさんですよね!

平日ということもあり、学校や仕事にも影響するんではないでしょうか?

さて、図をみると台風20号と21号は丁度重なり合いそうですね…

おさ子
おさ子
重なったらすごいことになるんじゃ…

台風が合体するとどうなるか調べて見ました!

ダブル台風が合体が合体することはあるのでしょうか?

おさ子
おさ子
考えられるパターンは6つあります。

*相寄り型…2つの台風の勢力が極端に異なる場合、弱い方の台風が強い方に巻き込まれて急速に衰えて1つになるパターン。
*指向型…一方の台風の循環流と指向流が重なって、もう一方の台風が流されるパターン。
*追従…東西に並んだ2つの台風のうち、一方が先に進み、もう一方がその後を追うパターン。
*時間待ち型…東西に並んだ2つの台風のうち、東側の台風が発達しながら北西進し、北に行くのを待ってもう一方が北上するパターン。
*同行型…2つの台風が並列して進むパターン。
*離反型…東西に並んだ2つの台風のうち、東側の台風が加速しながら北東進し、もう一方が減速しながら西進するパターン。
このように勢力の大きい台風が弱い台風を吸収することはあっても、合体することはないそうです。

これは【藤原効果】と言って、藤原咲平が、このような相互作用の存在を提唱したそうです。

藤原 咲平…日本の気象学者。1921年の中央気象台所長。

しかし、テレビの天気予報やニュースで気象予報士の口から「藤原の効果」という用語を聞かないですよね!

その理由は、

「藤原の効果」は2つ以上の台風が接近して存在する場合に、それらが互いの進路に影響を及ぼすこと。その結果、相対的に低気圧性の回転運動をするなど、特徴的な動きをするという定義付けがされています!

台風は他の台風以外にも気圧の谷や高気圧、偏西風などの影響も受けること、

個々の事例については相互作用の程度を明確に示せないということで、解説には用いないんだそうです。

結果、

台風20号と21号のダブル台風が「合体することはない」ということでした!

一安心ですね!

Sponsored Links

 

ダブル台風2019いつ上陸?

top

引用:ウェザーニュース

台風20号

まず、台風20号ですが、予想以上に発達してしまいました!

おさ子
おさ子
発生当初に3日で熱帯低気圧に変わるっていってたのに?!

台風19号の被災地などでも雨が降る可能性があり、少しの雨でも洪水による浸水や土砂災害等に注意・警戒が必要です。

 

*中心気圧980hPa

*最大風速35メートル

*最大瞬間風速50メートル

 

強い勢力となりました。

想定外の発達を続けているので今後どうなるのかが心配です…

現在、沖縄本島の南海上をゆっくりと北寄りに進んでいます。

今後日曜日にかけて強い勢力で沖縄本島の南を北上し、月曜日にかけてやや衰弱しながら沖縄本島近海を北東に進む見込みです。

西日本の南海上で温帯低気圧に変わる予想でしたが、

北寄りに進むと西日本の太平洋側にかなり接近する予想で、さらにこの温帯低気圧と秋雨前線が一体となって北上すると

西日本から東日本の広い範囲で大雨がもたらされるでしょう。

特に台風15号や19号によって被害が出ている地域は注意が必要です!

22日(火)頃には東日本などに雨を降らせる可能性があります。

すこし前後するかもしれませんが、22日(火)頃の天気に影響を及ぼす可能性が高くなっています…

 

 

台風21号は

西寄りに進めば日本の南へ到達するおそれがありますが、

東寄りに進めば、本州付近にほとんど影響することなく、日本の東へ遠ざかるような予想です!

おさ子
おさ子
ほっ!

予報円を予想通りの勢力で進むと、24日木曜日午後9時には小笠原近海に達する可能性があるようです!

通常10月下旬ころの多くの台風は

日本には上陸しないことも多いのですが、

太平洋高気圧や偏西風の状況次第ではかなり接近するんだとか!

2017年10月22日(日)上陸したことも過去にはあります!

 

*中心気圧970hPa

*最大風速40m/s

*最大瞬間風速55m/s

現在の予報では

今後は西寄りに進み、

22日(火)頃にはグアム付近に達し、

24日(木)頃には非常に強い勢力となって小笠原近海に達する予想となっています!

小笠原諸島などに接近する可能性があり、今後の情報に注意が必要です。

おさ子
おさ子
今のところ日本は通るのね!

台風21号は比較的海水温の高い領域を進むため、この先は発達を続ける見込みとのこと!

だんだん強くなってくるとは恐ろしいですね!

今後も情報が入り次第追記してまいります!

■ネットの声

まとめ

今回はダブル台風2019|20号と21号が合体するとどうなる?いつ上陸?というテーマでご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか?

ダブル台風が合体するという事はないそうです。

一安心ですが、まだ被災地が復旧していない中で台風20号と21号が接近しているという事は非常に恐ろしいです、

22日から25日あたりにかけては予報に注意しましょう!

こちらでも情報が入り次第追記いたします!

最後までご覧いただきありがとうございました!