天気

台風22号「マットウモ」の意味や由来を調査!日本人みたいと話題に

台風22号が発生と発表されましたね!

今年は台風の影響がかなり大きかったので心配された方多いのではないでしょうか?

ですが今回は日本に影響がないという事で、一安心です!

影響はありませんが台風22号の名前について話題となっております!

さて、「マットゥモ」の意味や由来などはどんなものなのでしょうか?

日本人みたいだとネットでは話題になっておりますがその内容とは?

ということで調査していきたいと思います!

それではさっそくご紹介してまいります!

台風22号「マットウモ」の意味や由来を調査!

22号拡大(2019年10月30日 06時現在)

引用:https://tenki.jp/bousai/typhoon/1922/

「マットゥモ」は、米国が用意した名前で意味は「大雨」です。

台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)で各加盟国などの提案した名前が、あらかじめ140用意されていて、発生順につけられます!

準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。

ということは今回日本に大きな被害をもたらした台風15号や台風19号や台風21号の名前は今後使用しなくなるかもしれませんね!

ちなみに「マットゥモ」は前回2014年7月に使用されています!

おさ子
おさ子
4~5年に一度ペースくらいでしょうか!

台風15号…「ファクサイ」は、ラオスが用意した名前で「女性の名前」です。

台風19号…「ハギビス」は、フィリピンが用意した名前で「すばやい」です。

台風20号…「ノグリー」は、韓国が用意した名前で「たぬき」という意味です

台風21号…「マットゥモ」は、米国が用意した名前で意味は「大雨」です

ということで特に由来というのはないのですね!

Sponsored Links

「マットゥモ」日本人みたいと話題に

世間の皆様はこの名前をみて、真っ先に「マツモト」「松本」「松潤」「まっちゃん」と思い浮かべるようです!

おさ子
おさ子
確かに読み間違えるかも…

「マットゥモ」を「マツモトゥ~」みたいな感じですかね?

こんなユニークな響きで日本人のような名前なのに

意味は「大雨」…

ちょっと不吉ですね…

今回が「ノグリー」でよかったのでは?と思ってしまいます。

まぁ連盟が順番で名前を付けると決めた事ですから私達はどうすることもできませんが

もうちょっとその台風に合う名前にしてほしいですね(笑)

まとめ

今回は台風22号「マットウモ」の意味や由来を調査!日本人みたいと話題にというテーマでご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか?

名前の意味は大雨ですが今回日本にはこないということで安心です!

「マットゥモ」を「マツモトゥ~」「マツモト」を連想させるような日本人らしい発想ですね!

こんな平和な発想をできることがなによりです!

これからの台風もこんなほっこりな発想ができるような被害が小さいものだとよいのですが…

最後までご覧いただきありがとうございました!