スポット

ホテル瑞鳳のプールは赤ちゃんも入れる?おむつ台や持ち物は?

赤ちゃんと何か夏らしい思い出を作りたい!

何か体験させてあげたいと考えている方はたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そんな方にオススメなのが秋保温泉のホテル瑞鳳の屋外プールです。

2019年6月にプールはリニューアルしたようです!

更に子供に優しいプールになったんだとか!

これは嬉しいですよね!

古いプールはやはり衛生的に避けたくなります。

ホテルのプールに来たのですから非日常な感じを味わいたいものです!

ホテル瑞鳳のプールは赤ちゃんOK?

なかなか乳幼児が入れるプールってないんですよね。

基本的に3才以上とか、おむつがはずれた子とかですとは入れます。

おむつが衛生的に良くないからでしょうか?

水遊び用おむつを使えば、漏れずらいですし膨張しませんから、よっぽどのことがない限りは問題ないと思われます☆

こちらのプールでは水遊び用おむつも許可されてますから大丈夫ですよ☆

ホテル瑞鳳のプールの良い点はなんといっても子供向けであることでしょう!

メインプールに浅い部分設営し、深い部分との境目をわかりやすく仕切りも出来きたようです!

これは安心です☆

プールの規模はそんなに大きくないですが、赤ちゃん連れには丁度いいでしょう!

お盆休みなどは家族連ればかりで大きい子供でも小学生高学年ぐらいのようです☆

公式サイトでも子供がプールで楽しく遊ぶ姿が掲載されていますし、ホテル瑞鳳自体も子連れウェルカムなのでしょう!

赤ちゃんがいても浮くことはないですし、そこは心配しなくて良さそうです!

 


今はこんな可愛らしアイテムもあるようです。

大人でもまたがって乗れるくらいの大きさのポケモンですから、子供と一緒に乗ったら 最高に楽しそうです♪

子供達も大喜びですね!

赤ちゃんが乗るにはまだ危険かもしれませんが、見たり触ったりするだけでも良い刺激ですよね☆

ラプラスは宮城県応援ポケモンなんだそうです!

観光キャンペーンキャラクターに就任したようです!

2019年10月から実施されるキャンペーンを、ラプラスがお手伝いするんだとか!

Sponsored Links

 

おむつ台や持ち物について

結論から言いますとプールにおむつ台や授乳室はありません。

ですので、授乳時間の調整プール滞在時間を短くするなどの工夫が必要です!

赤ちゃん連れには不利かと感じるかと思いますが、プール滞在時間ってそんなに長くないはずです。

赤ちゃん連れなら一時間も入れば十分満足できるかと思います。

はじめてプールを見る赤ちゃんはそちらに集中しますので、そんなに授乳をしたがらないかもしれません。

注意するとすればプール後ですかね!

運動すると腸の動きも良くなりうんちすることもあります。

更衣室で着替え中に出ないことを願いたいですね!

ホテル内のプールですので万が一のことがあってもダッシュで部屋に戻れば大丈夫ですよ☆

オムツ台や授乳室はありませんがその他に子連れを優遇してくれてる点がたくさんあります! 

・1才から使える 腕にはめる浮き輪(アームヘルパー)がある。

・子供用の小さな浮き輪やビーチボールがある。

・空気入れれがあるので浮き輪の持参が可能。

・水遊び用オムツは、売店で180円で販売している。

・その他にも300円で水着の貸し出しなどもしている。

・飲料水コーナーがプール内にある。

・水温28~33度、40~41度に温度分けされている。

持ち物関係はかなり安心感があるかなと思われます。

小さい子がいると準備にバタバタして大事なものを忘れたりするんですよね。

荷物を少なくするために現地購入、レンタルをする前提で行くのも良い作戦です☆

プール内にお水をもらえる場所があるというのもポイントですよね!

特に夏場は水分補給が必須です☆

最後になりますが、プールの女子更衣室が階段を上って二階なので、滑らないように注意が必要です!

まだ歩けなかったり、よちよち歩きの子は気をつけないといけませんね。

抱っこしてるママパパも足元には十分注意しましょう!

まとめ

以上、秋保温泉ホテル瑞鳳の屋内プールについてでしたがいかがでしたでしょうか?

赤ちゃんでも問題なく受け入れてくれるプールに間違いはなさそうです!

ですが、プールの更衣室内に授乳室やおむつ代があるところは全国的に見てもまだまだ少ないのが現状です。

赤ちゃんの生活リズムなども普段から把握し良いタイミングでプールにチャレンジできるとよいですね!

今年リニューアルをしますますパワーアップしたホテル瑞鳳のプール。

今までに行ったことがある方もこの機会に再来店してみるのはいかがでしょうか?

観光キャラクターのラプラスにも会えますよ☆

ポケモン好きは必見ですね。