その他

即位パレードのオープンカーのナンバーは?皇10の意味や新調内容も

2019年11月10日本日は祝賀御礼の儀!即位パレードが15時頃から行われます。

御料車(オープンカー)が素敵だと話題ですが

パレードでお目見えする御料車のナンバーはってあるんでしょうか?

ナンバーがあることすらわからなっかった方は多いかと思いますが

実はナンバーはあります!

「皇10」となっていますがその意味は?

ということでさっそくご紹介していきたいと思います!

即位パレードのオープンカーのナンバー皇10の意味!

皇ナンバーの車両は1~10台あるとのことです!

「皇1」:天皇皇后両陛下の専用車

「皇2」:寝台車

「皇3」「皇5」:国賓送迎車で防弾仕様

「皇4」:欠番

「皇6」:センチュリー登録車

「皇7」:未登録

「皇8」:センチュリー登録車

「皇9」:センチュリー登録車

「皇10」: ロールスロイス コーニッシュ コンバーチブル

今回の“センチュリーオープンカーUWG60改”

「皇11」:センチュリー登録車

「皇12」:センチュリー登録車

皇10は元々はご成婚パレードに使われたロールスロイスのオープンカーのナンバーです!

皇太子さまと雅子さまのご成婚パレードに使われたロールスロイスのオープンカーが昨年廃車になり、

その関係で今回のオープンカーに皇10が引き継がれたようです!

他のナンバーは、主に国賓の送迎車に付けられているとのことです!

 

宮内庁報道室によると

公表していませんが、1から順に付けているので特別な意味はないということでした

御料車(オープンカー)は関東運輸局東京運輸支局に自家用車として登録され、

車検も行われているんだとか!

おさ子
おさ子
普通の車と同じ扱いなのですね

安全のため車検は外部には出さず、

内庁管理部車馬課の自動車班が担当しているんだそうです!

一般車のナンバープレートがある位置に菊の御紋がありナンバーがないと感じる方もいらっしゃったかと思います。

特別な御料車(オープンカー)には、一般車のナンバープレートがある位置に菊の御紋があり、

その向かって右上に直径10センチほどの円形の銀色地に金「皇」一字とアラビア数字が刻まれているるんです!

おさ子
おさ子
アラビア数字?

注意してみなければ絶対にわからない皇10は本当に貴重ですね!

Sponsored Links

即位パレードオープンカー新調内容も調査!

画像

引用:Twitter

内閣官房・内閣府・皇位継承式典事務局が検討した結果、

第2案の新車購入(オープンカーに改造)の方針で固まり、

最終的にトヨタセンチュリーとすることが決まりました!

トヨタ

日産

ホンダ

ロール・スロイス

ダイムラー(メルセデスベンツ)

BMW

からに打診があったようです!

市販のセンチュリーにはオープン仕様がないためトヨタの新型センチュリーをベースにオープン仕様に改造された特別な車なんです!

トヨタの最高級車は他にもありますが

フラッグシップモデルはセンチュリーが最高級車です!

取得費用は8000万円

座席は25度に傾けて固定されています!

沿道から表情がよく見えるようにだそうです!

おさ子
おさ子
疲れそうですけどファイトです

オープンカー運転手はいつもの専属運転手ということで安心です☆

儀式終了後は、「東京」と「京都」の「迎賓館」で展示されるとのことです!

このセンチュリーは色が特徴的だそうです!

黒色なのですが、「神威(かむい)エターナルブラック」という名もあり、

塗装を通常のものよりも多く重ね、「鏡面」のように仕上げられているそうです!

ただのブラックではないのですね!

2020年に開催される“東京オリンピック”“パラリンピック”にも利用が検討されているそうですよ!

まとめ

今回は即位パレードのオープンカーのナンバーは?皇10の意味や新調内容もというテーマでご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか?

それにしても即位パレードのオープンカーはカッコイイですね~

迎賓館に見に行けたら行ってみたいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました!