その他

即位礼|雅子様の衣装(十二単)は新調?意味や値段も徹底調査!

2019年10月22日、ついに天皇陛下が国内外に即位を示す「即位礼正殿の儀」が執り行われましたね!

ご即位から半年が過ぎようとしていますが、

この「即位礼正殿の儀」をもって国民の皆様も新たに始まったという気持ちになったことでしょう!

10月12日は雅子さまはお召し替えで大忙し!

なんども衣装を着替えるので、当日の雅子さまはお疲れになったのでは?

22日に皇居・宮殿で行われる「即位礼正殿の儀」では、

即位を内外に宣言される天皇陛下や男性の皇族方が「束帯」。

皇后雅子さまや女性の皇族方は「十二単(ひとえ)」を身に着けられました!

天皇専用の装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」をお召になったた陛下が高御座に上ってお言葉を述べられます!

皇后雅子様は十二単をまとい、御帳台に上がられます!

ステキな衣装でした!

衣装は新調なのか、十二単や装束のお値段が気になる所です!

さて、今回は即位の礼|雅子さまの衣装やティアラのブランドは?値段も徹底調査!ということで衣装について注目していきたいと思います!

さっそく本題に入っていきましょう!

即位の礼|雅子さまの衣装は新調?

衣装(十二単)は新調なのか?ということに関して

TVで皇族ジャーナリストの方がコメントされていました!

*新天皇、皇后両陛下は全て衣装を新調されたようです!

*新皇嗣同妃両殿下は一番上にお召しになるものを新調されたということで、全てではないようですね!

*他の皇族方は打衣や長袴以外平成即位礼の装束を再利用なさったそうです!

おさ子
おさ子
やはり主役は新調!

おふたりとも緊張の面持ちですが、さすが似合ってらっしゃいます!

参照元:Wikipedia

平成の皇后陛下の衣装と比較してみると雅子様の新調された十二単は、

前皇后両陛下のデザインを継承されていることがわかります。

継承しつつも、雅子様らしさを取り入れられたデザインということで、萌黄色(もえぎ色)が差し色となっていますね!

雅子様はたびたびもえぎ色を取り入れた衣装をお召しになっており、

雅子様のカラーといえば「もえぎ色」と言っても過言ではないかもしれません!

雅子さま本当にお綺麗です!

今回は淡い紫色もデザインに取り入れられ、

新しい時代を感じさせるものでした!

 

平成の即位礼で紀子さまがお召しになったものと同じデザインのものを上白石萌音さんがお召しになった様子の動画です!

十二単は「12枚で1セット」と思いがちですが、

*5枚の「五衣(いつつぎぬ)」

*「打衣(うちぎぬ)」

*「表着(うわぎ)」

*「唐衣(からぎぬ)」

までの合計8枚を十二単と呼び、この下には下着にあたる「単(ひとえ)」を着用されます!

動画でもわかるように1枚一枚は軽く歩きにくさは感じないということでした!

おさ子
おさ子
歩きづらくないというのは意外ですね!

結婚式の和装でさえ歩きづらくて、重いと感じましたが、

十二単はのそういったことも考慮されているのでしょう!

おさ子
おさ子
機能性にも優れているのですね!

しかし、実際の衣装の重さは16kgもあるんだとか!

本番の衣装情報もまた情報入り次第追記してまいります!

当日おこなわれる賢所大前の儀では白い十二単をお召しになりました!

髪型は「おすべからし」という名前なんだそうです!

Sponsored Links

雅子さまの十二単や装束のお値段も徹底調査!

十二単の最大の特徴は色のグラデーションですよね!

重ねた衣の色彩には「日本の雅」が表現されてと言います!

このグラデーションを「重ね色目」と呼びます。

装束の世界は重ね色目で出来上がっているというイメージのようです!

平成の御大礼で皇后陛下がお召しになった御五衣は

「紅の匂(くれないのにおい)」という重ね色目で、

匂い立つかのように紅色が徐々に濃くなっていく様を表現されたようです!

皇族の方にはそれぞれお印というのがあり、

雅子様は「ハマナス」とい花なんだそうです!

「雅子様お印」の画像検索結果

引用:https://www.asahi.com/articles/ASM3Q5SDDM3QUTIL04N.html

そちらの印があしらわれた十二単をお召しになったそうです!

皇室における十二単の白の唐衣は皇后陛下しかお召しになれないという決まりです!

理由は「一番尊い色は白」だからだそうです!

十二単のお値段ですが、上皇后様が即位礼正殿の儀の際にお召になった十二単1,300万円らしいです!

正殿の儀に際してかかる装束全般についてのお値段は3億8400万円だったそうです!

大変な額ですね!

参照元:Wikipedia

 

雅子様は平成五年の、ご成婚のときにも十二単をお召になっておられましたが、皇后様になり御身分にふさわしい色や模様のものに新調なさいます!

大正天皇の皇后さま、昭和天皇の皇后さま、今の上皇后さま、全て白色の唐衣をお召になっていたということで、皇后様の唐衣も白色ではないかと予想されています。

今回の雅子様の十二単や装束も壮大な意味合いがありそうですよね!

こちらも情報が入り次第追記してまいりますのでお待ちください!

 

正殿の儀は午後1時に開始され

「即位礼正殿の儀」での天皇陛下は、

立纓(りゅうえい)の冠に「黄櫨染御袍」

参照元:Wikipedia

黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)とは、平安時代以降の日本の天皇が重要な儀式の際に着用する束帯装束の、「黄櫨染」の色の袍のことだそうです!

黄櫨染(こうろぜん)とは櫨の樹皮と蘇芳から染め出される色で、「赤みがかった黄色」「黄がかった茶色」と言われます。

 

■ネットの反響

 

まとめ

今回は即位礼|雅子さまの衣装(十二単)は新調?意味や値段も徹底調査!ということでご紹介してまいりましたがいかがでしたでしょうか?

雅子様の4回分のお衣装素敵ですね!

見どころ満載な即位礼の儀でした!

詳しい情報が入り次第随時追記してまいります!

最後までご覧いただきありがとうございました!