人物

加藤厚労相の義姉(加藤康子)の年齢や経歴!民泊の場所や料金は?

新型コロナ対策で連日批判を浴びている

加藤厚労相ですが

加藤さんの民泊がコロナウイルスにより大打撃を受けていると女性自身で報道されました。

加藤さんというのは加藤厚労相のことではなく義姉の加藤康子さんが経営されてるものらいしいのです!

義姉の加藤康子とはどんな方なのでしょうか?

経歴やプロフィールが気になりますね!

ということで今回は「加藤厚労相の義姉(加藤康子)の年齢や経歴!民泊の場所や料金は?」というテーマでご紹介してまいりたいと思います。

加藤厚労相の義姉(加藤康子)の年齢や経歴!

Image

引用:Twitter

年齢:61才(2020年3月現在)

『ザ・バカンス・コーポレーション』という会社の代表取締役です。

義姉(加藤康子)は加藤厚労相のかつての婚約者!

加藤六月さんに目をかけられて、加藤家に婿入り

もともとは加藤六月さんの長女・康子さんと結婚するはずだったのですが、

彼女がアメリカに留学してしまったため、次女の周子さんと結婚しました。

ということで

経歴

父親は国土庁長官、北海道開発庁長官、農林水産大臣を歴任した加藤六月さんですね。

東京出身

慶応大学文学部卒業

国際会議通訳や米CBSニュース調査員

ハーバード大学ケネディスクール

一般財団法人産業遺産国民会議専務理事

筑波大学客員教授

2015年から内閣官房参与

世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」(8県23施設)について、

推進役を務めた加藤康子さんは韓国政府による反対工作や土壇場での「強制労働」の文言をめぐる交渉について「砂をかむような悔しい思いをした」とコメント

日本政府についても「“歴史武装”ができておらず、いろんなプロパガンダへの準備もなかった」と反省点を指摘した

2015年年7月の「明治日本の産業革命遺産」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録には民間、参与双方の立場から関わりました。

2017年7月より内閣官房参与として安倍政権のブレーンを務めています

2019年7月に「産業遺産」の活用や発信に関し、安倍晋三首相に助言を行う内閣官房参与を退職しました。



民泊の場所や料金は?

加藤康子さんの民宿は特定できなかったのですが

民泊施設(西荻窪、中野、代々木上原)

だということはわかっています。

ザ・バカンス・コーポレーション

主な民宿をまとめてみました。

西荻窪

和歌水旅館
旅館西郊
マヌケ宿泊所
ビジネス旅館 昭和館

中野

ホリデーハウス
Hotel Atelier Tokyo
ブロードウェイ中野
やどやゲストハウス グリーン
Tokyo House Inn 2
鳳明館 本館・台町別館
Asakusa Japanese Guest House Room 浅草旅館東海荘
東京アートハウス
Happy Train Shinjuku Yoyogi Japanese Modern Room
ĒDOYA
中野新橋 クレイン
FF297 Spacious room 12PAX 4mins to Shinjuku
Emilio Nishishinjuku 302
GRIP House Tokyo
Nakano house daia

 

代々木上原

ホテル ブーゲンビリア新宿
南部イン西新宿
安田之家
やどかん
景雲荘
銀扇閣
オークウッドレジデンス青山
やまと旅館
オークウッドアパートメンツ西新宿
レンタルルームラナイ

この民宿は中国人の利用者が多かったようで

会社の年間の売り上げも数千万円規模のようですがコロナショックで、売り上げも大打撃を受けているでしょう。

加藤厚労相が直接関与しているわけではないようですが

中国人観光客を減らさないために汲々としているのだろうと、批判されても仕方がない現状です。




まとめ

今回は「加藤厚労相の義姉(加藤康子)の年齢や経歴!民泊の場所や料金は?」というテーマでご紹介してまいりました!

最後までご覧いただきありがとうございました!