グルメ

ボジョレーヌーボー2019は美味しい?キャッチコピーや評判がヤバい!

毎年11月第3木曜日 に解禁される「 ボジョレー・ヌーボー 」!

2019年は11月21日解禁となりました!

ワイン好きにとってはまちにまった時期ですよね!

日本では1985年頃から輸入が始まったようですが、今ではすっかり日本でも定着していますね!

毎年微妙に違う味ですが、2019年のボジョレーヌーボーの出来はどうでしょうか?

評判が気になります!

ボジョレーヌーボー2019は美味しい?美味しくない?

ボジョレー・ヌーボーは時期になると試飲もよくありますから飲んだことがある方も多いと思います!

居酒屋メニューにも出るくらいです!

ですから、なんとなく飲んでいるという方も多いのではないでしょうか?

私も11月のイベントととして飲む感じでした!

結論から言いますと

2019年の「ボジョレーヌーボー」は美味しいです!

まずはボジョレーヌーボーとはなにか見ていきましょう!

ボジョレーヌーボーとは

ボジョレー・ヌーボーは ボジョレー地方 で生産されていることが名前の由来で

ボジョレーワインの一種です☆

おさ子
おさ子
フランス語では Vignoble du Beaujolais

ヌーボー とは「新しい」という意味で、その年の8月に収穫されたぶどうを使って作られる新しいワインです。

日本語訳は、「 ボジョレー地方で作られたその年のぶどうで作った新しいワイン 」という感じでしょうか。

ほとんどが法律で「 ガメイ種 」に限定されている赤ワインとなり、

白ワインは全体のうち1%程度しかないようです。

おさ子
おさ子
確かにボジョレーヌーボーは赤のイメージしかない

※ガメイ種…ブドウの種類

作り方

ボジョレーヌーボーはマセラシオン・カルボニック法という醸造方法でつくられます!

この製法ではブドウの実を潰さず枝のまま(枝には酵母が多い)タンクに入れます。

すると、自重で下のブドウから果汁が出て皮や枝の酵母が働き発酵が始まり、

炭酸ガスがタンクを満たしまだ潰れていない果実内でも発酵が起こります

果実内発酵が始まったブドウを圧縮して得た果汁をさらに発酵させて作るのです!!

おさ子
おさ子
今では早く発酵させるためにタンクにブドウと炭酸ガスを加える方法が多く使われています。

歴史

ボジョレーヌーボーは元々ワイン業者向け にその年のブドウの出来をチェックすることが主な目的だったんです!

解禁日を毎年の新酒イベントとして盛り上げる マーケティング戦略を取り入れることで、

現地フランスをはじめとした 世界各国でも一般消費者をターゲットとした販売が行われるようになりました!

それがイベントのように取り上げられるようになりました☆

飲食に関わるもので世界的に同時刻帯の 一斉解禁 というものはほとんどないので

多数あるワインの品種の中で話題となりました!

おさ子
おさ子
ワインを定着させたボジョレ・ヌーボー

日本ではボジョレー・ヌーボーの消費が非常に多く、大成功でしたが

2004年をピークにボジョレー・ヌーボー 日本市場縮小となりました。

理由としては、

毎年イベント化して定着したものの、ある程度定番化してしまったために珍しさが薄れてしまったと感じます。

普段からワインを飲む人が増えたことで、ワインの味がわかる人が増えた!

ボジョレーヌーボーより安い価格で味もそれなりにいいものが増えた。

などが考えられます。

キャッチコピー

ボジョレーヌーボーは毎年出来具合についてのキャッチコピーを作っています!

2000 今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味
2001 ここ10年で最もいい出来栄え
2002 過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来
2003 110年ぶり の当たり年
2004 香りが強く中々の出来栄え
2005 タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』
2006 今も語り継がれる76年や05年に近い出来
2007 柔らかく果実味豊かで上質な味わい
2008 豊かな果実味と程よい酸味が調和した味
2009 過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来
2010 2009年と同等の出来
2011 100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え
2012 偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全
2013 みずみずしさが感じられる素晴らしい品質
2014 太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい
2015 過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます
2016 エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい
2017 美しい凝縮感と豊かな香りを備えた秀逸な仕上がり
2018 理想的な条件の下、すばらしいヴィンテージへの期待高まる

インパクトある購買威力をそそるようなキャッチコピーがつけられています!

Sponsored Links

ボジョレーヌーボー2019キャッチコピーや評判がヤバい!

2019年のボジョレーヌーボーは

「凝縮した果実味と上品な酸味が味わえる」

と生産者の間では言われているようです!

2018年と比べて、だいたい50~90円ほど安くなっているとのことですが

増税の影響でしょうか?

と思ったら違いました

フランス産のワインが、2019年2月から関税がゼロになったからだそうです!

消費税をいれると昨年とそうたいして変わらない気もしますが…

*全部で18種類

*9種類は自然はワイン

*500円を切るワインもある

2019年のボジョレーヌーボーの特徴は「自然派ワイン」ということです!

オーガニック、無農薬で作られたワイン!

さらには酸化防止剤無添加のワインなど!

さまざまなものがあり、18種類あるボジョレ・ヌーボーのワインのうち9種類、半分が自然派ワインとなっています!

2019年のボジョレーヌーボーは

生産者によると収穫より前の7・8月の気候条件が良く

昼…日照度が高く

夜…冷涼という

繊細な風味を増すのに理想的な条件だったとのことです!

ぶどうの多くは房が小さく、例年より低収量ですが凝縮感のあるワインが造れたんだとか!

 

 

 

キャッチコピーがヤバい!

2019年のボジョレーヌーボーキャッチコピーは

「橋本環奈もビックリ! クレオパトラの再来!!!」

おさ子
おさ子
ん?なんですかこのキャッチコピー!

ボジョレーヌーボーのキャッチコピーは

販売業者はそれぞれが勝手に決めているので、調べる業者によって違っているようです。

ですので、このキャッチコピーは何個もあるうちの一つです!

それにしても変わったキャッチコピーです。

評判は?

ご覧の通り美味しいという意見の方が圧倒的におおかったです☆

ワインに詳しい方ですと評価は辛口になりますが

飲んでみる価値はあると思います☆

麻婆豆腐と相性がいいという意外な組み合わせもオススメです!

まとめ

今回はボジョレーヌーボー2019は美味しい?キャッチコピーや評判がヤバい!というテーマでご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか?

結果賛否両論ですが美味しいという方が多いので

一度は味わってみたいですね☆

価格も手ごろですし

口に合わなかったとしても料理に使用できますからぜひチャレンジしてみましょう☆

最後までご覧いただきありがとうございました!