エンタメ

プロデュース101JAPAN(日プ)最終回が口パク!生放送でなぜ?

2019年12月11日(水)、

ついに「PRODUCE 101 JAPAN」の最終順位が決定しましたね!

今まで見守ってきたプロデュース101JAPAN(日プ・プデュ日本)の晴れ舞台!

見ていた方はわかると思いますが、披露する曲が口パク!!

今まではちゃんと歌ってたのに地上波でなぜ口パクなのでしょう…

今回は「プロデュース101JAPAN(日プ)最終回が口パク!生放送でなぜ?」というテーマで調査してまいりたいと思います!

それでは早速本題へ入っていきましょう!

プロデュース101JAPAN(日プ)最終回が口パク!

番組の流れはこんな感じでした!

1、グループ名発表
2、デビュー評価(2曲ステージ披露)
3、リアルタイム投票
4、新曲「さよなら青春」披露
5、テーマ曲「ツカメ 〜It’s Coming〜」ステージ披露
6、最終順位発表式

おさ子
おさ子
披露された曲はこちら

*「YOUNG」

*「GrandMaster」

*「さよなら青春」

*「ツカメ 〜It’s Coming〜」

この4曲が今回生放送でファイナルメンバーによって歌われました!

 

「YOUNG」

口パク上手なのは井上くんですかね〜

ちゃんと歌っている感が出ていいる!

他の子たちは歌ってるっいうより話してる?

くらいのレベルで爽やかな顔で歌ってる

ライブだったらそんな表情で歌えないはず

もっと声出してるぞ〜

という表現の仕方になるでしょう!

安藤くんの嘘つけない感じが口パク感丸出し…

ファンにとっては可愛らしい一面でしょうけど…

 

「GrandMaster」

割とみんな上手にやっているけど

この激しいダンスで

その爽やかな表情で歌えないよね〜?

と思ってしまう。

でも「GrandMaster」のダンスがかっこよすぎて

口パクにあまり目がいかないのが幸いです!

 

「さよなら青春」

このバラードで口パクはやばいよ〜

って言いたくなる。

なんかでも歌ってる人もいる気がするぞ?

 

今西くんと與那城くんは声出てる感じがします!

ハモリの金城くんの声目立ってて違和感…

「ツカメ 〜It’s Coming〜」収録されていたものを流したようです。



プロデュース101JAPAN(日プ)最終回が口パクの理由

そもそも歌唱力にばらつきがあるのでということもありますが、

それに加えて音響技術の問題もあるようです!

一度に大量のワイヤレスマイクを使用すると混線してしまうからですって!

パートごとに歌い手が変わるので、そのまま放送すると声量にバラつきがでてしまう

収録ならば音響スタッフが細かく音量調整できますが、

生放送だと、そういった調整はほぼ不可能なのだそう…

なので、ほとんどのメンバーのマイクは切ってある可能性が!

予想ですが

デビュー評価の2曲はオール口パク

「さよなら青春」はマイクが入っている人と入っていない人がいた!

と感じます!

最後くらいは生歌でビシッと決めて欲しかったですが

色々な事情があるなら仕方ないですね…

結局何が言いたいかというと、

プロデュース101JAPAN(日プ・プデュ日本)は歌下手だから口パクなんじゃないよ

ということ!

国民プロデューサー代表としてそこだけは言っておきます☆

ネットの声




 

まとめ

今回は「プロデュース101JAPAN(日プ)最終回が口パク!生放送でなぜ?」というテーマでご紹介させていただきました!

プロデュース101JAPAN(日プ)最終回の順位結果!脱落者一覧も2019年12月11日(水)ついに「PRODUCE 101 JAPAN」の最終順位が決定します!結果発表次第リアルタイム更新していきたいと思います!投票方法、グループ名、脱落者、内容、第3回順位発表結果、シーズン2についてもまとめていきます☆...

口パクにはそれなりの理由があるみたいですね

口パクとはいえ彼らが今後大活躍」することは間違いなし!

今のままでも充分素敵ですが

もっと歌もダンスも極めて言って欲しいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました!